LDLコレステロール値を健康的に改善する方法とは

放っておくと…?

このページでは、悪玉コレステロールを放っておくとどんな病気になるのか、まとめています。

LDLコレステロール値が原因で起こる怖~い病気

LDLコレステロール値が高いままの状態にしておくことは、じわじわと体に負荷をかけ続けているようなもの。何も対策をせずそのままにしていると、いつか体が参ってしまい、取り返しのつかない事態を招くこともあります。健康診断を定期的に受け、数値が高いようであれば早めの対策を取る必要があります。そうしないと、命に関わることも起こり得るのです。

脳卒中

脳梗塞や脳出血と同じく、脳に張り巡らされた血管が詰まってしまい、細い血管はまだしも太い血管が詰まってしまうと命の危険もある怖い病気です。運よく大事に至らなかったとしても、後遺症が残ることも多いようです。

狭心症・心筋梗塞

心臓の表面にある血管・冠動脈が詰まり、心臓に酸素や栄養素が運ばれなくなることで息苦しさを感じたり、胸の痛みを訴えるようになることを狭心症といいます。

さらに狭心症が進行して心筋が壊死、冠動脈が血栓で完全に塞がってしまうのが心筋梗塞。激しい胸の痛みが長く続き、心拍数の上昇、動悸、めまいといった症状から意識を失ってしまうことも…。最悪の場合、心臓が正常に動かないので死亡してしまうこともある怖い病気です。

動脈瘤(どうみゃくりゅう)

動脈硬化をおこし、もろくなった動脈がコブのようにふくれてしまうことを動脈瘤といいます。こぶが破れて出血してしまうと危険。最悪の場合、死亡することもあります。

脳梗塞

脳の血管が詰まって血流の流れが悪くなり、酸素や栄養分が脳に行き届かなくなることで栄養不足が起こり脳が壊死してしまう病気。特に高齢者に多いようですが、飲酒や喫煙、バランスの悪い食事、運動不足、肥満、ストレスなどで中年や若い人にも起こります。症状はいろいろあり、定番ともいえるのが意識障害や体のマヒ、言語障害などです。死亡する確率も高いですから、早急な治療が必要となります。

胆石症

肝臓の下にある、胆汁をためる袋の中や流れ道に石ができてしまう病気。みぞおちを中心とする部分や背中、腰などに激しい痛みを感じます。ただ、症状がでないまま進行してしまうこともあるので注意が必要です。

LDLコレステロールが簡単に下がる?おすすめの方法を紹介>>