LDLコレステロール値を健康的に改善する方法とは

LDLコレステロールが気になる方に
おすすめのアイテムはこちら!
HOME » いまさら聞けない悪玉コレステロールの基礎知識 » 放っておくと…?

放っておくと…?

悪玉コレステロールを放っておくと、どんな病気になるのか、まとめています。

悪玉コレステロールは深刻な病気を引き起こす

悪玉コレステロールが増えたまま放っておくと、脂質異常症や動脈硬化を引き起こす危険性があります。

悪玉コレステロールで起こる病気:脂質異常症

脂質異常症は高脂血症とも呼ばれ、血液中の脂質濃度が高くなってしまい、いわつる血液がドロドロの状態になる病気。この病気になると血液の流れが悪くなり、心臓や血管に大きな負担がかかります。

脂質異常症が改善されないと、脂質が血管の壁に積み重なって動脈硬化が引き起こされます。

悪玉コレステロールで起こる病気:動脈硬化

動脈硬化は血管が硬くなって動脈が狭く、血液の流れが悪くなり、最終的には血管を詰まらせます。この病気には、特に自覚症状がないので、まったく気がつかないまま、ある日突然、命にかかわる深刻な症状が現れるのです。

動脈硬化によって脳で血管が詰まった場合、脳梗塞や脳出血などを引き起こします。脳梗塞は、脳の動脈が詰まって血流が止まってしまった結果、脳に酸素や栄養が行かなくなり壊死してしまう恐ろしい病気。発作が起きた際の処置が遅れると死に至ります。仮に一命を取り留めたとしても、半身麻痺やしびれ、意識障害、言語障害などの後遺症が残ることも多いのです。

動脈硬化によって詰まった血管が心臓にあった場合には、冠動脈の血流量が下がり、心臓の一部が壊死する心筋梗塞が起こります。突然、胸に激しい痛みが起こり、呼吸も苦しくなります。この病気も最悪の場合、死に至ります。

心筋梗塞までは症状が進行していなくても、急に胸を締め付けられるような痛みが走る「狭心症」になることもあります。階段を上ったり、走ったりした場合などによく起こり、短時間でおさまることが多いのですが、放っておくと、さらに深刻な病気へ発展する危険性も。

そのほか、悪玉コレステロールを放っておくと、糖尿病や胆石症、さらにはさまざまな癌に発展することもあります。

悪玉コレステロールは、それ自体は自覚症状がないので楽観視しがちですが、発展する病気の可能性を考えると、検査でコレステロール値が高い段階から、率先して改善していく必要があるでしょう。

 
LDLコレステロールの下げ方教えます