LDLコレステロール値を健康的に改善する方法とは

LDLコレステロールが気になる方に
おすすめのアイテムはこちら!
HOME » いまさら聞けない悪玉コレステロールの基礎知識 » 何で悪いの?

何で悪いの?

LDLコレステロールは体に不要なものなのか、働きについて調べてみました。

「悪玉」と呼ばれるLDLコレステロールの働きは?

体内のコレステロールは肝臓で作られ、血管を通って必要な場所に送られます。送られた場所で細胞を保護する細胞膜や、脂肪の消化・吸収に必要な胆汁酸などの原料になります。

コレステロールは“脂”なので、そのままでは血液中に溶け込めず、タンパク質とくっついて「リポタンパク」という粒子になって血液中を流れます。

肝臓から必要な場所に運ばれるものを「LDLコレステロール(悪玉コレステロール)」、運ばれた先で使い切れなかったものを「HDLコレステロール(善玉コレステロール)」と呼びます。

悪玉と呼ばれているLDLコレステロールですが、これが存在すること自体は悪ではなく、体にとって絶対に必要なもの。悪玉と呼ばれる理由はその量です。

量が多くなりすぎると血管の壁にコレステロールが溜まってしまい、その結果、血液が通るスペースが狭くなったり血栓が作られるなどで、動脈硬化を引き起こす可能性があります。

超悪玉コレステロールも存在する

LDLコレステロールが酸化することで、血管の壁を傷つける超悪玉コレステロールに変化します。

超悪玉コレステロール(VLDLコレステロール)は、血液中での滞在時間がより長いので、さらに酸化されやすくなっています。しかも、傷つけられた血管の内膜に侵入して血管内皮自体に脂肪のコブを溜めるなど、動脈硬化を進める原因になります。

LDLコレステロールは、その働き自体は体に不可欠なものですが、過剰に存在してしまうことによって問題を起こしてしまうので、過剰に増えないよう注意が必要です。

 
LDLコレステロールの下げ方教えます