LDLコレステロール値を健康的に改善する方法とは

何で悪いの?

このページでは、LDLコレステロールの働きや超悪玉コレステロールについて調べてみました。

LDLコレステロールが悪者呼ばわりされる理由とは

LDLコレステロールは、ただ単に健康を損ねるために存在しているわけではありません。細胞膜などの材料となるコレステロールを全身の組織に運ぶ大事な役割を持っています。LDLコレステロールがあるからこそ、リポタンパク質による膜が作れ、血液中に三大栄養素の一つである脂質を運ぶこともできるのです。

ただしコレステロールを持ち帰る働きはしていません。コレステロールが血管壁に溜まってしまうと動脈硬化などの重度の症状を引き起こすことになってしまいます。こうしたことからも、良い働きを持っていても「悪玉」と呼ばれているのです。

逆に不足してしまうと、ビタミンの吸収率がとても悪くなり、神経や網膜などにトラブルが発生しやすくなります。動物性食品、脂質が足りない低栄養状態として、最悪の場合、死んでしまう可能性もないとはいえないのです。

LDLコレステロールにも大切な役割があるので、ただ下げればいい…というわけではないことがわかります。LDLとHDLのコレステロールどちらも必要で、バランスよく存在することで健康が維持されます。目安としては、LDLコレステロールが140mg/dL以下、HDLコレステロールが40mg/dL以上。この数値が正常値と言われています。

超悪玉コレステロールの数値にも注意!

LDLコレステロールの中でもとくに小さなものが、VLDLコレステロール(超悪玉コレステロール)と呼ばれるもの。これは、血液中に長く滞在し酸化されやすいといった特徴をもちます。しかも、とても小さいので血管の内皮細胞の隙間から内膜に簡単に入り込んでしまい、マイクロファージに取り込まれてしまいやすいといった難点が…。

健康診断では、LDLコレステロールの数値だけでなくVLDLコレステロールの数値にも気を付けたいもの。LDLコレステロールが正常値だったとしても、VLDLコレステロールが高い数値を持つと動脈硬化などを発症させやすいのです。

特に中性脂肪が150mg/dL以上の人や血糖値が高い糖尿病、高血圧、肝臓病などの症状がある人は注意が必要。VLDLコレステロールの数値も高くなっている可能性があります。

LDLコレステロールが簡単に下がる?おすすめの方法を紹介>>