LDLコレステロール値を健康的に改善する方法とは

サプリ

LDLコレステロールを下げる方法のひとつ、サプリメントでの栄養補給についてまとめています。

コレステロールを下げる効果が期待できるサプリは?

LDLコレステロールを下げるためには運動や食事制限が欠かせません。それらの効果をより高めるためにはサプリメントの活用がおすすめ。コレステロールを下げる効果がある有効成分がいくつかあるので、その成分が豊富に配合されていたり、いくつかの有効成分を配合しているなど、より高い効果が期待できるサプリメントがオススメです。

コレステロールを下げる効果が期待できる成分

現在、LDLコレステロール対策に有効だとして様々な成分の研究が進められています。その中でも、特に効果が期待できるとして注目されているものを紹介します。

オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)

コレステロール対策に有効とされている成分といえばDHAやEPAが有名です。イワシやサバ、マグロなどの青魚に含まれる不飽和脂肪酸の一種で、コレステロールを減らすだけでなく血栓予防にもつながるとされています。高脂血症の治療薬にも含まれているので、コレステロールや中性脂肪の減少効果は認められていると言っても良いでしょう。

ナットウキナーゼ

ナットウキナーゼは、その名の通り納豆の製造過程で造られるたんぱく質。納豆のネバネバに含まれています。血栓を溶かす効果に優れていることが分かっており、また、研究機関によって血圧を下げる効果や血流改善効果も確認されています。

リコピン

トマトに含まれるリコピンは、HDLコレステロールの増加を促し、血中コレステロールのLH比(動脈硬化比率)のバランスを改善してくれる効果があります。強い高酸化力を持っていることも分かっており、超悪玉コレステロールを生み出す活性酸素の除去作用も期待できます。リコピンには糖尿病の予防に関わるたんぱく質を増やす効果もあるそうなので、日本人の生活習慣病予防にも大きな役割を果たしてくれる成分かもしれません。

ケルセチン

タマネギに含まれるポリフェノールのひとつ、ケルセチン。高い抗酸化力も持っています。ケルセチン自体の抗酸化力に加え、ビタミンCの吸収を促す作用もあるので、強くしなやかな血管にする効果が期待されています。タマネギから抽出したエキスを継続的に摂りいれることで、血管を健康にする効果があると発表されています

SMCS

あまり耳なじみのない成分ですが、天然のアミノ酸の一種。キャベツやブロッコリーなどに多く含まれており、コレステロールを胆汁酸に変える酵素の働きを活性化させてくれます。ただし、あまりに多くの量を摂りすぎると、貧血の原因にもなってしまうので、摂取量には注意が必要。とはいえ、SMCSが配合されたサプリの目安量を守っていれば心配はいりません。

世界が注目しているのはオメガ3脂肪酸

コレステロール対策に有効な成分は、ここに挙げた以外にも研究が進められていますが、現状で世界中の注目を集めているのは、DHA・EPAを含むオメガ3脂肪酸に関するものです。

これまでにDHA・EPAが持つ健康増進効果に関する文献の登録数は23,000件以上に上ります。コレステロール対策のサプリメントを見ても、DHA・EPAを含んでいるものが多いことからも、多くの人が効果を望んでいることがわかります。コレステロール値が気になる方は、まず、DHA・EPAを配合しているサプリを試してみてはいかがでしょう。

サプリメントの選び方

コレステロール対策サプリを選ぶ際、有効成分がどれだけ配合されているかというのがポイント。いくら有効性の高い成分でも、ほんの少ししか入っていないのであれば続ける意味がありません。また、何種類の成分が配合されているかも見ておきましょう。

どんな成分であっても、相性の良い成分はあるものです。例えば、体内に入るまでの酸化を防いだり、体内での働きをより良くするための成分が入っているほうが、お目当ての成分がより効果を発揮しやすくなるでしょう。

どんなサプリにも言えることですが、薬ではないので即効性はありません。また、継続しなければその効果を望めません。ですので、ある程度続けやすい価格設定がされていることが大切。例えば、定期購入すると一般価格より割引がされたり、初回価格が設定されているサプリを選ぶことで、健康と家計の双方を守ることができます。

そして、重要なのが品質管理。産地を明かしていることはもちろん、製造工程の管理や放射性物質や水銀といった有害物質の検査がされているサプリを選ぶことで、効果が高く安全な健康対策が摂れるのです。

配合量で比較!
LDLコレステロールを下げる効果が期待できるサプリはこちら