LDLコレステロール値を健康的に改善する方法とは

LDLコレステロールが気になる方に
おすすめのアイテムはこちら!
HOME » LDLコレステロール対策に有効な血液サラサラ成分 » SMCS

SMCS

このページでは、SMCSがLDLコレステロールに寄与するしくみや、一日あたりの必要摂取量について説明しています。

SMCSとは?

S-メチルシステインスルホキシドを略して「SMCS」。悪玉コレステロールを下げる働きを持つと言われている天然のアミノ酸です。コレステロールは、肝臓で酵素によって胆汁酸に合成されてから体外へ排出されるのですが、SMCSはこの酵素の働きをサポートし、悪玉コレステロールを下げる働きがあります。

SMCSが含まれている食材としてはブロッコリーが有名ですが、ブロッコリーには優れた抗酸化作用があるので脳梗塞や心筋梗塞、動脈硬化といった血管疾患の予防には最適。血管壁に酸化性コレステロールがつかないようにし、減少させる効果が期待できます。

1日に必要とされるSMCSの目安量

特に決まった1日の摂取量というのはありません。ただ、過剰に摂取するのは避けるべき。大量摂取は、赤血球が壊されて貧血状態になる溶血性貧血をおこすリスクもあるのです。

SMCSが多く含まれる食材と1日あたりの摂取量

SMCSは、ブロッコリーやキャベツなどのアブラナ科植物にたっぷりと含まれています。天然のアミノ酸は、どの野菜にも含まれているわけではない特殊な成分ですから、それが含まれている野菜は特に意識して食べるようにしたいもの。1日の摂取量としては、緑黄色野菜の摂取目標量120gを目安に、ブロッコリーと他の野菜を組み合わせて食べるようにするといいでしょう。

コレステロールを下げることを目的とする場合、生で食べるのがおすすめ。そのままでは抵抗がある…という方は、野菜ジュースで摂取するのがいいでしょう。リンゴやオレンジなどのフルーツ、またはハチミツやレモンなどを加えることで、ブロッコリーの青臭さを消すことができ、同時に食物繊維も摂取できます。ブロッコリーの新芽であるブロッコリースプラウをサラダに混ぜて食べるのもおすすめです。

ちなみに、ブロッコリーでSMCSが特に多く含まれているのが花の部分。キャベツでは芯の部分になります。料理で使う際には、できるだけこの部分を意識して使うようにしたいですね。

  必要とされる摂取量 摂るべき食材の量
ブロッコリー 緑黄色野菜と組み合わせて120gが目安 摂り過ぎ注意
キャベツ 緑黄色野菜と組み合わせて120gが目安 摂り過ぎ注意

LDLコレステロール対策に!
有効成分がたっぷり配合されたサプリを比較

 
LDLコレステロールの下げ方教えます