LDLコレステロール値を健康的に改善する方法とは

LDLコレステロールが気になる方に
おすすめのアイテムはこちら!
HOME » LDLコレステロール対策に有効な血液サラサラ成分

LDLコレステロール対策に有効な血液サラサラ成分

このカテゴリでは、LDLコレステロール対策に有効な成分を紹介しています。

LDLコレステロール値をコントロールできる成分を知ろう

LDLコレステロール値は、食事でどんな栄養素を摂取するかで決まります。血液をサラサラにする成分としてオメガ3脂肪酸(DHA・EPA)はとくに欠かせません。また、ナットウキナーゼやリコピン、ケルセチン、SMCS、食物繊維、ポリフェノール、クエン酸、ビタミンB群なども意識的に摂取したい栄養成分です。まずは以下の5成分を積極的に摂るように心がけましょう。

オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)

LDLコレステロールをコントロールするのに欠かせない有効成分。青魚や植物油にたっぷりと含まれており、善玉コレステロールを増やして悪玉コレステロールを減少させる働きがあります。さらに中性脂肪を少なくしてくれます。

DHA・EPAを詳しく>>

ナットウキナーゼ

納豆にたっぷりと含まれているタンパク質分解酵素。日本人が発見した酵素であり、血栓を溶かす効果に優れています。他にも悪玉菌を減らして腸内環境を良くしたり、カルシウムの吸収促進作用、抗菌・抗酸化作用があります。

ナットウキナーゼを詳しく>>

リコピン

リコピンは、トマトの赤い色素。「トマトが赤くなると医者が青くなる」といったことわざからわかるように、その健康・老化予防効果はとても優れています。善玉菌を増加させて血管を若返らせる、毎日摂取したい栄養成分です。

リコピンを詳しく>>

ケルセチン

ケルセチンとは、フラボノイドなどと同じポリフェノールのひとつであり、ビタミンと似た働きをするビタミン様物質。高い抗酸化作用があり、LDLコレステロールを酸化させる原因物質である活性酸素を除去してくれます。動脈硬化の予防にも◎。

ケルセチンを詳しく>>

SMCS

天然アミノ酸のS-メチルシステインスルホキシドのことで、悪玉コレステロールを下げる働きを持っています。含まれる食材としてはブロッコリーが有名。優れた抗酸化作用があるので脳梗塞や心筋梗塞、動脈硬化といった血管疾患の予防には最適です。

SMCSを詳しく>>

できれば摂取したい!その他の成分

上記の成分は、LDLコレステロールを下げる効果が期待できる代表的な5つですが、そのほかにもなるべく摂るようにしたいおすすめの成分があります。以下の成分もぜひチェックしてみてくださいね。

  • 食物繊維…食べ物に含まれている糖質のなかでも、人の消化酵素では分解・吸収できないもの。コレステロールを抑えるのであれば、水分と馴染みが良い水溶性食物繊維がおすすめ
  • ポリフェノール…植物が作る色素や苦み成分。殺菌作用や酸化予防に優れており、LDLコレステロールの酸化も予防します。
  • クエン酸…脂質や糖質の代謝がされやすいようにサポートする成分。体内で精製する事もできますが、食事で摂りいれる事でコレステロールの分解を強力にサポート。
  • ビタミンB群…脂質や糖質の代謝を促進し、中性脂肪が上らないように抑制。水溶性なので、一度に大量に摂取しても体外に出て行ってしまう特徴が…。こまめに摂取するのがポイント。
 
LDLコレステロールの下げ方教えます