LDLコレステロールの下げ方教えます

LDLコレステロール値を健康的に改善する方法とは

LDLコレステロールが気になる方に
おすすめのアイテムはこちら!

【大病のリスクあり】LDLコレステロールとは

LDLコレステロールとは、悪玉コレステロールとも呼ばれ、動脈硬化を引き起こす強力な危険因子のひとつです。数値が高いまま放置しておくと、心筋梗塞や脳梗塞のリスクが高まってしまい、取り返しのつかない事態になりかねません。このサイトでは、食事の改善や生活習慣の見直し、サプリの摂取など、LDLコレステロール値をコントロールするための方法を紹介していますので、ぜひチェックしていただき、日々の生活に取り入れてみてくださいね。

今すぐチェック!LDLコレステロールを下げる3つの方法

 食事

食事の摂り方を変えるだけでも、LDLコレステロール値を減らすことができます。コレステロール値を下げる働きがある食品を積極的に摂り入れ、逆に上げてしまうような食品を控えるのが基本。

下げるために積極的に摂りたい食品としては、イワシやサンマ、サバ、カツオ、マグロといった青魚。他にもオメガ3オイルやナッツ類、昆布類、緑茶、野菜などいろいろあります。一方、なるべく控えたほうがいい食品は、鶏卵やレバー、生クリーム、チーズなど。から揚げや天ぷらなどの揚げ物系、たらこやイクラなどの魚卵系も要注意!

もちろん、ただ単にコレステロール値を下げる食品だけを摂ればいいというわけではなく、栄養バランスをしっかり意識しないといけません。食べすぎに注意し、腹八分目を心がけるといった食事の摂り方が大事。いくらコレステロールを上げないと言われている食品でも、食べ過ぎればカロリーが増えて中性脂肪を増やす元になります。余分な油を控え、ゆっくりよく噛んで食べるようにしましょう。 

運動

LDLコレステロールは中性脂肪や肥満との関係が深いので、日々適度な運動をするのも効果的です。ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動がおすすめですが、何年も運動をしていなかった人がいきなり過度に取り組むのは逆に危険!まずは生活の中で少しずつ体を動かすことから始めましょう。一駅分は電車に乗らずに歩く、エレベーターに乗らずに階段を使うなど、できることは案外たくさんありますよ。

また、実は無酸素運動の筋トレもLDLコレステロールを下げるのに有効。体の基礎代謝を上げて脂肪が燃焼しやすいようにしてくれます。「ジムに通うのが面倒くさい…」というアナタ!自宅でも効率的に筋トレはできますよ。おすすめなのは、三大筋肉群といわれる腹筋・大胸筋・スクワット。これらの筋肉は一度に鍛えられる筋肉量が多いので、短時間でたくさんの脂肪を燃焼させることが可能です。

運動不足はコレステロール値を下げたいアナタにとって大敵。1日や2日取り組んだところで効果はありませんので、できる運動を毎日継続して行うことが大切です。

サプリメント

「食事や運動が健康にいいのは知っているよ。それができりゃ苦労しないって」というアナタにおすすめなのが、サプリメント。LDLコレステロール値を下げるために有効な成分を効率よく摂取できるので、一日三食がコンビニ弁当、深夜にガッツリまとめ食いをするような不摂生なアナタにピッタリです。

また、いつでも簡単に摂れ、続けやすいのもサプリメントのメリット。夜遅くまで仕事をし、駅前の日〇屋でビールとレバニラを食べ、ぐったり疲れて帰って寝るだけ…という時間ナイナイ症候群のアナタの最終兵器はこれしかありません。

ただし、サプリメントであればなんでもいい…というわけでもないのです。モノによって有効成分やその配合量が異なるので、良質で自分に合った商品をしっかり見極めるべき。このサイトでは、LDLコレステロール値を下げるために必要な有効成分やその配合量に注目し、おすすめのサプリメントを比較していますので、ぜひ参考にしてくださいね。

配合量で比較!
LDLコレステロールを下げる効果が期待できるサプリはこちら>>

血液サラサラへ!LDLコレステロール対策に有効な成分 

LDLコレステロール値を下げて、適正に保ってくれる有効成分を紹介します。これらの成分には中性脂肪を少なくし、血液をサラサラにして体中に栄養素を運びやすくするといった健康効果も。意識的に摂るようにすると、コレステロール値のコントロールがしやすくなりますよ。

オメガ3脂肪酸(DHA・EPA)…DHA・EPAは、LDLコレステロールを減らして中性脂肪も抑制してくれます。LDLコレステロールの減少にはEPAが、中性脂肪の減少にはDHAが寄与すると言われています。

ナットウキナーゼ…名前のとおり納豆だけに含まれる酵素で、「キナーゼ」には「酵素を活性化する」という意味があります。血栓の溶解をサポートしてくれる働きは、他の食品にはみられない独自のもの。

リコピン…トマトにたっぷりと含まれており、紫外線や害虫から自分を守るための自己防衛機能から生まれた成分。コレステロール値を下げる働きがあります。血管を若返らせてコレステロールの酸化を防止します。

ケルセチン…高い抗酸化作用が期待できる、ポリフェノールのひとつ。LDLコレステロールを酸化させる原因物質である活性酸素を除去。しなやかで強い血管を作るので動脈硬化や高血圧にも効果が期待できます。

SMCS…S-メチルシステインスルホキシドの略称で、LDLコレステロールを下げる働きを持つ天然のアミノ酸。SMCSが含まれている食材としてはブロッコリーが有名です。脳梗塞や心筋梗塞の予防に期待。

有効成分をたっぷり!LDLコレステロール対策サプリ 

きなり
1日に必要とされているDHA・EPAの約半分(500㎎)が4粒で摂れる人気のサプリメント。ほかにも、ナットウキナーゼやアスタキサンチンが配合されています。
主な有効成分:DHA・EPA・クリルオイル・納豆培養エキス

白井田七
白井田七はミネラルが豊富な田七人参を使ったサプリメント。田七人参のなかでも完全無農薬のものだけを厳選し、自然に近いかたちで抽出・加工しています。
主な有効成分:サポニン

三黒の美酢
体に良いとされる3つの黒い原料、黒酢・黒にんにく・黒卵黄油を使用したサプリメント。原料は全て九州で生産。公式サイトで生産者を確認できるのも良いですね。
主な有効成分:DHA・EPA

DHA&EPA+セサミンEX
大手企業サントリーが販売しているサプリメント。生食用の魚と同じ基準で品質管理を行っている魚油を使用。独自製法でDHAの濃度を高めています。
主な有効成分:DHA・EPA・セサミン

納豆博士
3粒飲むだけで納豆2パック分のナットウキナーゼを摂ることができるサプリメント。原料である納豆の品質に気を配り、遺伝子組み換えでない大豆を使用しています。
主な有効成分:ナットウキナーゼ

DHA&EPA EX
小林製薬が販売しているサプリメント。貴金属や残留農薬、水銀などを医薬品並みの高い精度で検査し、安全性を高めています。
主な有効成分:DHA・EPA・α-リノレン酸

オメガエイド
大手企業サントリーが販売しているサプリメント。約30年の研究の末に誕生しました。DHA・EPAのほか、学習力や記憶力を向上させる栄養素ARAが配合されています。
主な有効成分:DHA・EPA・ARA・アスタキサンチン

極上クリル
血液サラサラ成分がたっぷり含まれたクリルオイルを主原料とするサプリメント。抗酸化力が強いアスタキサンチンが含まれているので、効率的にオメガ3を摂取できます。
主な有効成分:DHA・EPA・アスタキサンチン

スーパーフィッシュオイル
サプリメントに特化した専門ブランド・ネイチャーメイドが出しているサプリメント。1日に必要な成分を1粒で摂れるようにフィッシュオイルを濃縮しています。
主な有効成分:DHA・EPA

天然効果Rタマネギの力
カレーやシチューで有名なハウス食品が販売しているサプリメント。長年の研究により、玉ねぎの発酵エキスなどの有用成分を濃縮することに成功しました。
主な有効成分:シクロアリイン・ケルセチン

リコピン コレステファイン
トマトケチャップで有名なカゴメが販売しているサプリメント。100年以上続くトマト研究の末に誕生しました。独自の厳しい品質基準を設けています。
主な有効成分:トマトリコピン

緑でサラナ
緑でサラナは特定保健用食品に指定されているサプリメント。ブロッコリー・セロリ・キャベツなどの8種類の野菜にりんごとレモンをブレンドしています。
主な有効成分:ブロッコリー・キャベツ由来の天然アミノ酸SMCS(S-メチルシステインスルホキシド)

意外と知らない?!LDLコレステロールの基礎知識

LDLコレステロール(悪玉コレステロール)は、その名前からして悪いモノのように思えますが、実は体にとって大事な役割も併せもっているのです。では、なぜ「悪玉」なんて呼ばれるのでしょうか?それにはちゃんとした理由があります。

また、LDLコレステロールは何をきっかけに増え、増え続けると体にはどんな影響があるのでしょう?健康を守るうえで知っておきたいLDLコレステロールの基礎知識を説明しています。 

LDLコレステロールの基礎知識はこちら>>

【免責事項】
このサイトは2017年4月の情報をもとに個人が作成しています。
最新の情報は各公式サイトをご確認ください。

 
LDLコレステロールの下げ方教えます